メッセージ

in PROFILE

WUB(Worldwide Uchinanchu Business Association:ワブ)は沖縄をルーツにもつ人々の自由な経済、文化、社会活動を通じて交流し友情を育み郷土のみならず地域の発展と繁栄に貢献し互いに協力連帯することを理念とする団体です。

1997 年、りゅうぎん国際化振興財団、ハワイ東西センター、琉球新報社等の共催により、ホノルル市で開催された初の「世界ウチナーンチュ・ビジネス・ネットワーク会議」を契機に、1899年のハワイ移民以来、世界に広がる30万人以上の連携を目的にロバート・仲宗根WUB Founderの提唱により設立されました。全世界に及ぶこの運動の中枢はWUBインターナショナル(本部:サンパウロ、ブラジル)で日本をはじめ、南米、北米、ハワイ、アジア、欧州など二十一支部が存在し、国及び地域に450余人の会員が国際的な連帯をもって活動をしており、沖縄県知事がWUBインターナショナルの名誉会長を務めています。また、各支部の持ち回りで毎年開催されるWUB世界大会は、1997年ハワ イにはじまり、ブラジル、ロス・アンゼルス、沖縄、東京、ボリビア、ハワイ、アルゼンチン、大阪、ペルー、上海、ブラジル・サンパウロで開催いたしました。これらの国際的な大会に賛画し世界各地域で活躍する会員相互の交流の場で更なる友情と信頼の絆を深めるのもWUB会員のもつ特徴の一つです。

沖縄をキーワードにWUB活動に賛同する方には県出身者にかぎらず人種、国籍、性別、年齢、職業、宗教の別なく、自由な個人の意思による入会希望者には等しく広く門戸を開いています。自らの成長を願い、活力を与えてくれる友人を求め、且つ国際的な視野を広げ世界に羽ばたき、影響力を及ぼしたいと考えている若いあなたの入会を期待しています。


沖縄県は戦前から海外へ移住する人が多く、現在30万人を越えるまでになったといわれています。世界の沖縄人のネットワークを単に郷友会的親睦の集いから踏み出して、継続的なビジネスの繋がりを求めようと組織化したのがWUB(WorldWide Uchninanchu Business Association)です。郷土沖縄への単なる郷愁に止まらない、世界へ広がるビジネス・チャンスの提供を目指しています。その趣旨から会員は県出身

者にかぎらず、沖縄をキーワードにビジネス展開を目指す方に等しく広く門を開いています。現在有志によって「会社設立による事業展開」や「インターネット部会」「ビジネス交流部会」等、さまざまな活動を行っており、ビジネス会員に限らず学生の皆さんの参加も歓迎しています。